美肌をキープするための化粧小物の取り扱い方の2つのポイント

洗顔グッズを使いこなそう

美肌を保つために日々大切にしたいことのひとつが、洗顔です。洗顔の際には、ヘアバンドやヘアクリップで髪の毛をまとめて、おでこがきちんと洗える状態をまず整えましょう。髪が長い人はもちろんのこと、短めの髪の人でも、洗顔のために下を向くと、髪の毛が落ちてきて邪魔になることがあります。自分の使いやすいグッズを活用して、顔の隅々までしっかり綺麗に洗えるようにして下さい。

また、洗顔料や洗顔石鹸を泡立てる際には、泡立て用ネットを使うと便利です。よく泡立っていない状態の洗顔料や石鹸を肌に直接付けると、肌荒れの原因ともなりますので、泡立て用ネットでふんわりと柔らかな泡を作ってから、洗顔するようにしましょう。洗顔に役立つグッズは、決して高価な物ではなく、雑貨店やドラッグストアなどで数百円程度で購入できますので、ぜひ活用して下さい。

メイク小物の手入れをこまめにしよう

ファンデーションや下地を塗る時に使うパフ、アイシャドウやチークを塗る際に活躍するブラシやチップは、使い終わった後にきちんと手入れをすることが大切です。忙しくて時間がない時には、ティッシュでパフやブラシに残った化粧品をさっと拭き取っておくだけでも、多少汚れが取れますので、メイク終わりに手入れをする習慣をつけて下さい。汚れたままの状態でメイク小物を放置しておくと、雑菌が増殖して、肌にも悪影響を及ぼし、吹き出物や肌荒れの原因ともなり得ます。

そして、時間に余裕がある際には、メイク小物専用のクリーナーを使って優しく丁寧に洗浄する習慣を身につけましょう。専用のクリーナーがない場合は、ハンドソープ等で洗っても構いませんが、殺菌や消臭効果のある専用のクリーナーをひとつ持っておくと、スムーズに汚れを落とすことができて、便利です。洗浄を終えたら、水気を拭き取ってしっかり自然乾燥させるのも重要なポイントです。肌への負担を減らし、美肌を守るために、メイク小物の手入れを怠らず、清潔な状態を保って下さい。