美肌へ導くビタミンEの抗酸化作用

美容にビタミンが良いということは、誰もが一度は耳にしたことがあると思います。
しかし、ビタミンには脂溶性ビタミンや水溶性ビタミンと分けられていることやビタミン○○など、詳しい働きとなるといまいち分からないという方も多いと思います。

そこで、今回は美肌に導くとされている「ビタミンE」について詳しくご紹介したいと思います。

ビタミンEとは

ビタミンEは、水に溶けにくく油に溶けやすい脂溶性のビタミンの一つで、強い抗酸化作用もつビタミンです。
抗酸化作用が強いことから病気の原因になるとも言われている活性酸素から体を守ってくれる働きがあります。
また、ビタミンEは他の脂溶性ビタミンである「ビタミンA」「ビタミンD」「ビタミンK」などと比べると過剰症が起こりにくいため、積極的に摂取したいビタミンでもあります。

ビタミンEが美肌を導く理由とは

では、ビタミンEが美肌を導くためにそのような働きをしてくれるのかをご紹介したいと思います。

ビタミンEには、体内の血管の収縮を促している「神経伝達物質」の生成を抑え、毛細血管を広げる働きがあります。そのため、体内の血流を良くする働きがあるのです。

その結果、細胞の新陳代謝が活発になり、皮膚の乾燥を改善し、ハリやつやが出てくるのです。
また、ビタミンEは強い抗酸化作用があることからシミやシワの原因となる活性酸素から肌を守ってくれます。ビタミンEは皮膚に浸透する働きもあるので、ビタミンE配合の化粧品を使用することも美肌を導く良い方法です。

ビタミンEを多く含む食材

最後に、ビタミンEを多く含む食材ですが、ひまわり油やコーン油などの植物油、うなぎのかばやきや鮎、はまちなど魚介類、アーモンドやピーナッツ、ヘーゼルナッツなどのナッツ類、卵やかぼちゃ、モロヘイヤ、菜の花などです。

特にアーモンドは手軽に続けて食べられる上、食物繊維や鉄分、カルシウム、亜鉛などの栄養素も一緒に摂取できるのでおススメです。1日の摂取目安は20粒~23粒です。

是非、抗酸化作用があるビタミンEを日々摂取し、美しい肌を手に入れましょう。

紫外線対策、違う角度からの対策法3つ

紫外線防止の方法はいろいろあります。

まず思いつくのは、日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日傘をさす、肌を露出しないなど紫外線を直接肌に受けない方法ではないでしょうか。もちろん、どれも大事なことで効果はあります。

しかし、もう少し違う角度から紫外線を防止する方法を知って、それを実行するともっと紫外線から肌を守ることができます。これから、別角度から紫外線を防止する方法を3つご紹介します。

朝食べてはいけないものと、積極的に食べるべきものがあります。

朝からフルーツやサラダを食べるとヘルシーでお肌にいい気がします。しかし、実は気を付けないといけないフルーツや野菜があるのです。

オレンジやグレープフルーツなど柑橘類をそのまま食べたり、ジュースにしたりして摂取している方は多いのではないでしょうか。朝にはぴったりのフルーツのように思えますが、柑橘類は紫外線対策にはNGな果物なのです。

柑橘類には「ソラレン」が含まれており、これは光毒性で紫外線を吸収してしまうのです。摂取して2時間程度で体内に広がり、そのまま外へ出ると紫外線をいつも以上に吸収してしまうのです。朝のフルーツが美味しいからと大量に食べると、肌にトラブルが生じてしまいます。
また、サラダに入れがちなキュウリ、パセリ、セロリ、人参などもNGです。

逆に紫外線から体を守る食べ物もあります。

ビタミン、βカロチン、アミノ酸、亜鉛はシミができるのを防ぎます。ビタミンCはメラニン色素の生成、増加を抑えるので最も大事なビタミンです。しかし、柑橘類は夜に摂取するようにしましょう。

紫外線は目からも吸収されてしまいます。

直接日焼け止めを塗るわけにはいかない目は、紫外線にさらされています。目に紫外線が入ると脳が目にダメージを受けたと反応して、体内にメラニン色素を作るように指令を出してしまいます。メラニン色素はシミやくすみの原因です。

目からの紫外線吸収を防ぐにはサングラスが有効です。UVカット機能が付いたものがベストです。UVカット機能がついていない濃い色のサングラスをかけると、瞳孔が開き逆に紫外線を大量に吸収してしまいます。色が薄くてUVカット機能が付いたサングラスを帽子と併用して、隙間から紫外線が入らないようにして使用しましょう。

紫外線は上から降り注ぐだけではなく、照り返しが強いので注意しましょう。

地球上に降り注ぐ紫外線は2種類あります。UV-AとUV-Bです。UV-Bは波長が短く、直射日光に当たらないようにするだけでもかなり防げます。しかしUV-Aは波長が長く、肌の奥まで到達する紫外線です。

なのでガラスや薄い衣服も通り抜け、また反射によっても肌にダメージを与えることができます。日常生活でアスファルトや建物のガラスの反射などでも紫外線を受けますが、最も反射が強いのは海辺です。

海面の照り返し、また白い砂浜の照り返しは強烈です。照り返しによる紫外線を防止するには、日焼け止めをしっかりと塗ることです。あごの下や足にもむらなく塗りましょう。

いかがでしたか、紫外線は上から降り注ぐものだけをブロックしただけでは防げないことが分かっていただけましたか。食べ物や目、照り返しのことを考えて対策をしてください。

ニキビ跡を治すのは困難?原因と対策方法2つ

思春期ニキビが多い人はそれだけでも過去に辛い目にあったことでしょう。

そして大人になってもこのニキビの影響で起こるニキビ跡に泣くことがあります。そうなりたくない人のためにニキビ跡の原因とニキビ跡の対策方法をご紹介しましょう。ニキビ跡の原因はニキビの炎症がすごいため、もしくはニキビをぶちぶちと潰してしまったための二つの理由があります。この二つのせいで後々ニキビ跡に困るのです。

ニキビの炎症があまりに酷すぎると組織が傷つき、跡になって残るのです。ニキビの炎症が酷すぎる場合やニキビを潰すことが癖になっている人は気を付けましょう。それがニキビ跡の原因になるのです。

後で辛い目にあいたくなければニキビは優しく丁寧に扱うことをオススメします。またニキビがたくさんできている人は同じところに何度も繰り返しニキビができてしまったり、顔を洗っている時にゴシゴシしすぎて誤って潰してしまうことがあります。

これにも要注意です。ニキビ跡の原因に心あたりがある方は丁寧にニキビを扱うことを心がけましょう。ではできてしまったニキビ跡はどうしたらいいのでしょうか?実はできてしまったニキビ跡を治すのは困難です。

ニキビの炎症が酷くなって組織が傷ついてしまったことが原因で起こるニキビ跡は肌の奥の方まで傷ついているので、治療するのが大変難しいのです。普通のニキビよりも治りにくくなるので注意してください。

ニキビ跡を治すためには二つの方法があります。一つ目は化粧品です。ニキビ跡専用の化粧品が販売されていますので、それを利用しましょう。赤みタイプのニキビ跡や茶色タイプのニキビ跡ならこの化粧品でどうにか改善できる可能性があります。

しかしクレータータイプのニキビ跡の場合はセルフケアは難しいです。自分でどうにかなるほどの傷跡ではないので、クリニックで専用のケアをしてもらいましょう。肌がでこぼこしたクレータータイプのニキビ跡は本当に治りづらいので、専門医に相談することをオススメします。

アンチエイジングは活性酸素をコントロールすることが一番重要

アンチエイジングは、女性にとってはとても気になる言葉ではないでしょうか。特に肌の気になるところが増えてくる30代では、アンチエイジングのためにいろいろな対策を取り始める人が、増えてきます。ではアンチエイジングのためにどんなケアができるでしょうか。

アンチエイジングの基本は、身体の中の活性酸素を増やさないようにすること、そして活動性を高めないことが基本です。なぜなら活性酸素というのは、身体の細胞を攻撃してしまう働きがあるからなのです。体の細胞が攻撃されてしまうと、肌にシミができてきたりします。また血管が傷ついたり、身体のいろいろなところに影響も出てくるのですね。そのためアンチエイジングは活性酸素をコントロールすることが一番重要です。

では活性酸素を増やさないようにするためには、どのようにするといいのでしょうか。その一つが紫外線対策をすることなのですね。紫外線を浴びると、活性酸素が増えます。また活動性が増すのですね。そして、肌へも影響してくるわけです。紫外線を防ぐように気を付けていると、活性酸素をコントロールすることができ、アンチエイジングにも効果的なのですね。

では紫外線対策とは具体的にどんなことでしょうか。その一つは日常では、いつも紫外線を浴びる可能性があると考えて、常に日焼け対策をすることです。防止をかぶる、アームカードを身に着ける、また日焼け止めを付けるなどが具体的なことですね。また紫外線を全部防ぐことができなくても大丈夫です。その場合は、美白ケア製品などを使用して、肌の内側からケアしていくことができるといいのです。

紫外線を防ぐ、美白ケア製品などを使って肌の内側からケアするというダブルブロックでアンチエイジングを目指すことができるようになります。紫外線を防ぐということは、決して一時的にできることではありません。毎日の積み重ねが重要なので、日々継続していくことが大切です。

年代問わずに美肌に効果がある豆乳

豆乳は健康効果に優れていますので、年配の女性の人にも人気です。マーケットでもパックに詰めて売られています。さて、この豆乳ですが、年代問わずに美肌に効果があります。

豆乳に含まれているビタミンが美肌をもたらす

豆乳には実にたくさんビタミンが含まれます。その中から取り上げたいのがビタミンEです。ビタミンEは強力な酸化防止作用があります。その事から世の女性の悩みである老化を予防する効果が期待できます。

美肌にも当然効果を発揮してシミや、そばかす、くすみなど数々の女性の悩みを改善します。

豆乳に含まれているタンパク質の効果

たんぱく質が足りなくなると肌はどうなるでしょう。答えはボロボロになります。肌を美しく保つためにコラーゲンと呼ばれる物質が必要ですが、このコラーゲンはタンパク質の一種です。コラーゲンはタンパク質のうちの30%を占めています。つまりはコラーゲンを取り入れたいならたんぱく質の摂取が不可欠です。

イソフラボンでニキビを撃退する

ニキビも美容上の悩みでよく出てくる症状です。それには豆乳に含まれているイソフラボンが役に立ちます。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似ている成分である事で知られています。

したがって大豆イソフラボンを取り入れる事により、ホルモンのバランスを整えます。それが生理不順や更年期に効果を発揮すると考えられています。さらに、女性ホルモンのバランスが良くなる事は美肌にも貢献します。

ホルモンバランスを崩すと肌にも悪影響になります。特に生理前にニキビがでやすい事や肌が荒れやすい事は多いのです。豆乳の摂取により大豆イソフラボンを取り入れればニキビや肌荒れを防ぐ効果も期待できます。

効果を引き出すタイミング

豆乳の効果を大きく出すためにはその飲むタイミングも重要です。そのタイミングとは朝がいいとされています。朝に豆乳を飲む事で腸の働きに活力を与えて、便秘にも有効ですし肌荒れも防ぐとされています。健康にも美肌にも優れる豆乳を生活の中で活かしていきましょう。きっと今よりも綺麗になれる事でしょう。

洗顔方法を変えるだけで肌がイキイキと若返る方法

洗顔方法を変えるだけで、肌がイキイキと若返る方法に出会いました。

今年31歳を迎える当方ですが、年々肌の老化(くすみ、乾燥、しみ、肌荒れ等)を強く感じています。特に仕事等の関係で不規則な生活になったり、前日にお酒を飲んだり、甘いものや脂っこいものを食べると、次の日肌がかならず荒れます。

しかし、ある日友人にこの状況を説明したところ、洗顔方法を変えるだけで、肌が良くなるという話を聞きました。そして、私は試しに1週間下記の方法を実践しました。

まず安価な洗顔フォームでも高価な洗顔フォームでも何でも構いませんので、クリームを手にとり、水を少し含ませ泡を立てます。次に立てた泡をお顔全体的に付け、泡の上に手をのせ、泡で顔を洗います。この際に、手で強くごしごし擦るのではなく(これは絶対にしてはいけません。肌に悪影響です。)、あくまで肌と手の間に泡をサンドイッチし、泡で肌を洗う感覚で、優しく洗顔していきます。

次に、泡を水で流していくのですが、この際に手は肌に絶対に触れない様に洗い流します。パシャ、パシャっと顔に水をかける様に泡を流して行きます。この際に手でごしごし洗い流しては絶対にダメです。肌に悪影響です。

洗顔後、いつも使用している化粧水をコットンで優しく顔につけていきます。化粧水を付けたあとは、1分間隔をあけ、その後乳液をコットンで優しくつけていきます。

この方法を1週間続けただけで、肌がみるみる生きかえっていくのを感じることができました。

忙しい日々の生活の中で、疲れていたり時間に追われていると、ついつい洗顔やスキンケアが雑になり、肌が劣化してくるという悪循環に陥りやすいです。しかし、洗顔方法をただ変えるだけで、肌はみるみる生きかえっていきます。

洗顔もスキンケアも「手でごしごし」ではなく、肌に負担を与えないよう優しく行うことがポイントです。

この方法を1年以上続けておりますが、特別に高価な洗顔品やスキンケア用品なしに、私の肌は20代の頃と同じように、生き生きしています。肌の老化や劣化にお困りの方にぜひ試して頂きたいです。

あらゆるシワに効果大のスキンケア製品とは

私がオーストラリア在住中に発見した、お顔のほうれい線やおデコのシワ、眉間のシワ、首ジワに効果の大のスキンケア商品をご紹介します。

現在30歳になる当方ですが、2年ほど前からお顔のシワ(特に上記で説明した、ほうれい線、おデコ、眉間のシワ)と特に1番気になったのが、首のシワでした….。お顔のシワは2年以上前から気付いていたのですが、首のシワは2年ほど前に、ある日急に気づきました。

同世代の友人や親戚に相談もしたのですが、明らかに私の首のシワは他の同世代の方より濃く、原因が分からずショックでした。このまま歳をとり、シワがさらに増えていくのではという危機感や恐怖感のようなものも感じました。「このままではいけない!!」と思い、インターネットや美容雑誌等でシワに効果のあるスキンケア商品、美容成分等を調べました。

その後私は、洗顔方法を変え、入浴中には首すじのマッサージを軽く行い、シワに効果のあるビタミンEやプラセンタの含まれている化粧品、乳液、美容液を積極的に使用しました。主に日本で販売されているさまざまなスキンケア商品を試しました。

高価なものから安価なものまで試しましたが、高価なものはそれなりに効果のあるような気もしましたが、正直私の気になっている問題のシワが薄くなったということもなく、何より経済的に継続することが難しく、続けることができませんでした。また、安価なものは保湿力が足りなかったり、もちろんシワに効果がありという感じは全くありませんでした。

そんなある日、オーストラリア在住中に、ツアーガイドをしてる〇〇さんから、お土産にLanolin creamという羊の毛脂を精製して作られた美容液が大変人気があり、〇〇さんのお客様が毎日使用したところ、ほうれい線や眉間のシワが薄くなったというお話を受けました。

その次の日、私は早速現地のドラッグストアへ行き、すぐにLanolin Creamを購入しました。店頭には色々な種類のLanolin Creamがありました。様々なメーカーで羊毛脂をベースに色々な美容成分を使用したものが売られていました。私はビタミンE、プラセンタ、コラーゲンが含まれているものを選び、値段は280ml日本円で600円程度でした。(セール中は300円程度で購入できることもあります!!)

その日に早速使用してみたところ、次の日顔や首がすごくしっとりしいて、今まで感じたことのない保湿感を感じました。それから、毎日3ヶ月下記の方法でLanolin Creamの使用を続けました。

まずお風呂上がりに、化粧水、乳液をお顔全体、首全体に伸ばし1分間感覚を置きます。その後、Lanolin Creamをお顔、首全体に薄く伸ばし、シワの気になる場所には濃いめに塗りました。

2ヶ月後、シワがほんのり薄くなっていることに気づきました。また使用前から気になる顔、首ジワについて彼氏にも相談していたのですが、使用開始3ヶ月後、彼氏の方からシワが薄くなっていると言われました。

今もなお継続して使用しています。日本のスキンケア商品もたくさん試しましたが、このLanolin Creamがシワへの効果、保湿力、ナンバーワンでした!!また非常に安価で経済的です◎このLanolin Creamはオーストラリアだけでなく、ニュージーランドでも有名で販売されているようです。また某インターネットサイトでもご購入頂けます!!オーストラリア、ニュージーランドへ行く機会がありましたら、ぜひお試し下さい。