ターンオーバーが絡んだ肌トラブルはライムライトで治せる

肌が刺激を受けた時に生成されるメラニン色素は、通常ならターンオーバーで古い角質と共にはがれ落ちていきます。しかし、28日周期で繰り返されていたターンオーバーの周期が長期化してしまうと、メラニン色素がそのままシミやくすみとして定着しやすくなります。

シミが増えると肌の美しさを損ねてしまいますし、くすみは顔全体のトーンが暗くなるのでよくありません。ターンオーバーが逆に短くなる場合もデメリットが多く、飲酒や食習慣の乱れ、過度のストレスが蓄積されるなどの様々な原因で、周期が短縮されてしまうことがわかっています。

28日より短くなると、刺激に弱い未成熟な肌細胞が表面に露出するので、より肌トラブルに悩まされることになるのです。もしターンオーバーの周期に狂いが生じても、栄養バランスの整った食生活を送り、生活リズムも改善してストレスの少ない生活をするようにすれば、正常化させることができます。これが原因で起こる様々な症状も、医療機関でライムライトという光治療を受けることで対処できるので安心しましょう。

ライムライトがどういうものなのかまだ知らない人も多いかもしれません。これは今までも美容皮膚科で若返り治療やシミ治療などに使われていたIPLを、黄色人種である日本人の肌に最適化させたものです。従来の光治療よりも日本人の肌と相性が良く、肌へ与えるダメージも軽減化されているのでメリットが大きいのです。

エステサロンでもフェイシャルエステのコースで光を照射してしわやたるみのお手入れをするので、わざわざ医療機関に通わなくてもいいのではと思う人もいるでしょうが、エステサロンは医療機関ではないのでIPLを照射する場合も出力をかなり抑えた状態で施術しています。

そのため、効果もかなり緩やかなのです。医療機関なら専門家が肌の症状などを見ながら医療機器の出力を細かく調整してくれますし、万が一トラブルがあった時にも治療してくれるので安心できます。